2月14日はバレンタインデーですね。なぜこの日に人々は愛の告白をするのでしょうか?子ども新聞でバレンタインデーの起源、歴史について書かれた記事を読み、訳してみました。おしまいには、いろいろな言語で言う「愛してます」を集めたおもしろいビデオも紹介しています。

Pourquoi fête-t-on les amoureux demain ?
どうしてあすは愛の日でしょうか?

バラの花

La saint valentin expliquée aux enfants | 1jour1actu - Les clés de l'actualité junior 13 février 2012

もし今、誰かに恋をしているのなら、明日のバレンタインデー(la Saint-Valentin)はあなたの気持ちを告白する日です。甘い言葉や、花、詩などを贈りあうこともあるでしょう。でも、なぜ2月14日が恋人たちの日なのでしょうか?

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
ヴァロンタン(Valentin)とは誰でしょうか?
ヴァロンタンはローマ時代の修道士でした。テルニ(Terni)のヴァロンタンと呼ばれていました。今から1700年前の3世紀に生きた人です。その時代は、クロード2世(Claude Ⅱ)という皇帝がローマ帝国を治めていました。

当時、外部から攻めてくる敵と戦うために、たくさんの男たちが必要だったので、皇帝は結婚を禁じました。男たちが結婚し妻と家で睦まじくして、戦いに出ることを厭うと思ったのです。

ヴァロンタンは愛というものをとても大事だと考え、皇帝にさからい、たくさんのカップルをこっそりと結婚させましたが、このせいで牢屋に入れられてしまいました。

しかし、牢屋に入ったことは彼に好機をもたらしました。牢屋の庭番の娘であるジュリアと恋に落ちたのです。ジュリアは盲目だったのですが、言い伝えによると、ヴァロンタンが彼女の目を見えるようにしてあげたとのことです。

皇帝は彼を痛めつけ、処刑してしまったそうです。死後、ヴァロンタンは殉教者となり、後に聖人とされました。

なぜ2月14日に愛をお祝いするのでしょうか?
268年の2月14日に、ヴァロンタンが首をはねられたので、毎年この日に彼をしのんでいたのですが、それがだんだん変わってきました。

昔は恋人同士で詩を書いておくりあっていましたが、今日のフランスでは、花をおくりあったり、レストランで食事したりします。

ほかの国のバレンタインデーは?
愛に国境はなく、世界中でバレンタインデーがあります。キリスト教圏のヨーロッパ諸国の多くでは、恋人たちは2月14日に愛を確かめあいます。イタリアでは、baci(キス)と呼ばれる小さなクッキーを交換します。

アメリカでも、この日はバレンタインカードを送りあうのが一般的です。恋人に限らず友達などにも友情をしめすのです。小学校では、子どもたちが先生に小さなカードを贈ります。

キリスト教由来のバレンタインデーですが、アジア諸国でもお祝いされます。日本では女性が男性にチョコレートを贈ります。そして、お返しとして、3月14日に男性が女性にプレゼントをします。

ほかの国のことばで「愛してます(je t'aime)」はなんと言うのでしょうか?
以下、日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、英語、ポルトガル語、オック語*、ブルトン語**,シュティ語***、ギリシャ語、オランダ語、で紹介されていますので、興味のある方は原文をごらんください。

*オック語 occitan:中世のフランスでロアール川より南の地域で話されていた語をベースとした、南フランスの方言の総称。プロバンス語。
**ブルトン語 breton:ブルターニュ地方の言葉。
***シュティ語 ch’ti:フランスの北部ベルギーと国境を接するノール・カレー県のベルクあたりの方言らしいです。Bienvenue chez les Ch'tisという有名な映画がありますね。


◆きょうの単語
amour 愛
語源はラテン語のamor


◆関連ビデオ
I love you x 100 1m52
いろんな国のことばで、愛してます(je t'aime)と言ってます。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒I love you x 100

◆もっとバレンタインデーの記事を読む方はこちらからどうぞ
     ↓
penのバレンタインデープレゼント
⇒バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
 メインブログです♥

☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
☆いつも応援ありがとうございます。


 カテゴリ
 タグ