きょうはバレンタインデーに関する個人的な思い出をいくつか書いてみますね。フランス語には関係ありません。

バレンタインデー
子どもが幼稚園のとき一緒に作ったクッキー


私が学生のころは、今ほどチョコレートの交換がさかんではなく、友だち、お得意さんにチョコレートをあげるとか、喫茶店に入ったら、注文品にプラスアルファαでチョコレートがもらえるというようなことはありませんでした。

1.高校時代
数学の時間が始まり、先生が教室に来るやいなや、Kという可愛くて小柄な女生徒が席を立ち、つかつかと教壇のほうに歩いて行きました。彼女は黙ってぽんとチョコレートを先生の机の上に置きました。


☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


まだ独身の若い先生でした。

先生は「よし、きょうは女子はあてない!」とおっしゃり、本当に男子生徒しかあてませんでした。あたらないとわかっていると全く授業に身が入らないことがよくわかった日です。

2.高校~OL時代
弟はたくさんチョコレートをもらっていました。不思議なことに、彼は女子にもてたのです。あるときは手編みのマフラーまでもらってました。

いろいろともらえる人はいいけど、全くもらえない人は楽しくないだろうし、けっこう残酷な行事だと思ったものです。もし性別が逆のイベントだったら、自分は絶対何ももらえない自信がありました。

3.そこそこ社員のいる会社でのOL時代
女子社員Nがみんなでお金を出しあって男子社員にチョコレートをあげよう、と言い出しました。私はお金を出しませんでした。

4.女子社員が3人しかいない会計事務所での事務員時代
女子社員Mがみんなでお金を出しあって、男子社員にチョコレートをあげよう、と言い出しました。この時はお金を出しました。

思えばOL生活が長くなり、毎年男子社員にあげる義理チョコのことを考えるのにほとほと疲れていました。ほかにもいろいろと人付き合いは大変なのに・・。

よって体制に巻かれて、お金を出しました。3月14日にお礼として、事務所の中で唯一紳士的で、何かと優しいNさんから高そうなハンカチをいただきました。

5.子どもが小さかったころの母親時代
幼稚園~小学校3,4年ぐらいまではバレンタインデーの日に、娘は教室でほかの子とカードを交換していました。手作りにこだわっていた私は、毎年いろんな手作りカードを作って、持たせていました。

バレンタインデー
手作りカードの一例


お菓子をくれるお子さんもいましたし、子どもも小さいときはそれなりに楽しかったようです。

バレンタインデー
幼稚園のときもらったカードなど
ピンクのはカードを入れる袋で、これを作るのも授業の一環。


バレンタインデー
2年生のときのもの


小学校でお世話になった最初の校長先生は、こういった行事にとても熱心な方でした。バレンタインデーには低学年の子が高学年の子とジム(体育館)でお弁当を交換して食べる時間がありました。

このペアは Reading buddyと呼ばれる2人です。週に一度、高学年の子が、低学年の子の教室に行って、本を読んであげるストーリータイムという時間がありました。

関係ありませんが、娘が今まで読んでもらっていた側から、読む方になったとき、ものすごくプレッシャーを感じており、「私、うまく本を読めないから・・・」とストーリータイムのある前の夜、ベッドの中で泣いていたことを覚えています。

さて、この弁当作りがけっこう面倒で・・事前に相手が弁当の中身のリクエストを書いた紙をもらってきます。まず、小学生の文字を読むのに一苦労します。解読をすませたあと、私はリクエストどおりきっちり用意していました。

バレンタインデー
中身は親が用意しても、弁当箱は生徒が自分で作ります。
手前の紙は相手のリクエスト



バレンタインデー
この年のリクエストは比較的まっとうでした


上の写真はまともな弁当のリクエストをいただいた年のもの。でも中には、ものすごくたくさんリクエストを書いてくる子もいました。ドリンクを2本とか、クラムチャウダースープとか。こちらの小学生はふだんはそんなぜいたくなものは弁当に持ってきません。

たいてい、サンドイッチに、りんごか何かの果物、ジュース、デザート(お菓子)。それだけです。そして、けっこう毎日似たような弁当を食べています。

6.現在 
子どもも高校生になり、バレンタインデーをお祝いしたければ勝手にやっていると思うので、もう何の思い煩いもなくなりました。 家族にお菓子を焼いたり、買ってきたりすることはあっても義務感からではないので心やすらかにこの日を送っています。


☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

☆いつも応援ありがとうございます。



 タグ