パリ

きょうのフランス語はイディオムです

se la couler douce :(話)気楽(平穏)に暮らす、安穏に暮らす、のんびり暮らす

英語ではtake it easy となっています。

例文:彼女は上司に解雇された。というのも、同僚の何人かが彼女は何もしないと言ったからだ。

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
Elle a été renvoyée par son patron car certains de ses collègues disaient qu'elle se la coulait douce.

renvoyer ~を追い出す、解雇する

renvoyer un visiteur importun 都合の悪い訪問客を追い返す

のんびり暮らすのは悪くないと思うのですが、時と場合によっては、迷惑になるようです。


●『リラの門の切符切り』 Le poinçonneur des lilas


この熟語はセルジュ・ゲンスブールのデビュー曲、『リラの門の切符切り』 Le poinçonneur des lilas の歌詞に出てきます。


Le poinçonneur des Lilas 1959 by jaydooy


早口で言ってるからわかりにくいです。

poinçonneur は改札係です。
切符に穴をあける人ですね。

切符に穴を開ける人と切符を売る人は違うような気がしますが、この曲の邦題は「切符売り」です。


自分はリラという地下鉄の駅の切符に穴をあける仕事をしている。
一日中太陽をおがめない。

退屈しのぎに読むために、リーダーズダイジェストの一節を上着のポケットに入れている。

その雑誌には、マイアミでは若者がのんきにしていると書いてある、
僕が馬鹿げたことをしているあいだに。
この穴ぐらで。

というふうに始まります。


Je suis le poinçonneur des Lilas
Le gars qu'on croise et qu'on ne regarde pas
Y a pas de soleil sous la terre, drôle de croisière
Pour tuer l'ennui, j'ai dans ma veste
Les extraits du Reader's Digest

Et dans ce bouquin y a écrit
Que des gars se la coulent douce à Miami
Pendant ce temps que j'fais le zouave
Au fond de la cave
Paraît qu'il y a pas de sot métier
Moi je fais des trous dans des billets



il y a pas de sot métier は
Il n'y a pas de sot métier, il n'y a que de sottes gens.
くだらない職業はない、くだらない人間がいるだけだ。

ということわざの前半。

くだらない仕事はないと人は言うけれど、僕ときたら、切符に穴を開けてるだけだ。


リフレインでプチトゥプチトゥと聞こえてくるところは、

Des petits trous, des petits trous

小さな穴、小さな穴と続けています。


続いてこの人の妄想が始まります。
穴ぐらから抜け出すために穴をあけたり、
船にのったり、死の旅に出たり、
自分に穴をあけたり。

かなりシュールな歌詞です。

ラウンジで初めてこの歌を聞いた人たちはびっくりしたのではないでしょうか。同時に、おおいに魅せられたことでしょう。

今聞いてもかっこいい曲ですね。

歌詞はこちらにあります⇒Serge Gainsbourg:Le Poinçonneur Des Lilas Lyrics - LyricWikia - song lyrics, music lyrics

☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
☆いつも応援ありがとうございます。