最近メインブログのフランス語の扉を開こうの夜の部の更新時間が遅めです。

夜の更新は早朝しています。

実は、春のあいだは、ずっと前の晩に書いていました。書き上がったときは予約投稿、最低でも下書きは終えて、あとは画像を入れるだけ、ぐらいまで仕上げていました。

でも、夏休みにすっかりだらけて、最近投稿する前にバタバタ書いています。しかも、私、適当な画像を入れておけばいいのに、気に入る画像が見つかるまでえんえんと探したり、その画像にちょっと文字入れてみたり、加工したり、余計なことをしています。

だから投稿が遅い。

先日、朝の7時台(日本時間夜の10時過ぎ)にあせってバタバタとタイプしていたら、突然

「ピンポーン!」

ドアの呼び鈴がなりました。

え・・・。

私、まだパジャマ姿です。

「ピンポーン!」

・・・後半に続く・・・


***************

きょうの単語:débarquer (話) 〈débarquer chez qn〉~の家に出し抜けにやってくる

友人たちが、夜の9時、連絡なしに家に来た。両親はすごく怒っていた。

Mes amis ont débarqué à la maison à 9h du soir sans prévenir ; mes parents étaient vraiment furieux.

ローマ数字の時計

débarquerのもともとの意味は「上陸する、下船する、下車する、着く;乗り物からおりる」です。

が、そこから派生して口語で「とつぜん現れる」という意味があります。

きょうの例文はそっちの意味です。

ほかの例文
Il a débarqué chez moi avec toute sa famille. = arriver à l'improviste)

débarquer ⇒ バケモノがるように突然やってくる、と覚えるといいでしょうか?

prévenir 前もって知らせる、予告する
Je vous préviens que nous partirons demain.
私たしが明日出発することをお伝えしておきます。


furieux/furieuse 激怒した、怒り狂った
Fais attention: papa est furieux.
気をつけなさい、パパはカンカンに怒っているから。


★きょうの活用 être の半過去
j'étais
tu étais
il était
nous étions
vous étiez
ils étaient

★発音確認用
55秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒être 直接法半過去の活用


きょうの小ネタ
débarquer の例文を見ていたら、こんな表現がありました。ちょっと古い言い方だそうなので、通じるかどうかわかりませんが・・

Les Anglais ont débarqué.
または
Les Anglais sont débarqués.
または
Les Anglais sont arrivés.

直訳:イギリス軍が上陸した⇒ 生理が始まった

イギリスの軍服の色から、だそうです。ご家族同士などで使ってください(^m^)
イギリス軍(レッドコート)
File:British old infantry uniforms.jpg - Wikipedia, the free encyclopediaより

英語では通称Red Coatです。


★関連エントリー
きょうの単語:Le Débarquement 「古物市」をフランス語で?


***********

しぶしぶドアをあけました。

Staples(ステイプルズ)の配達でした。Staplesは大きな文具店です。前日に紙などいろいろ注文していたのです。

ここは「午後4時までの注文なら翌日配達する」という、とてもカナダの会社とは思えないな迅速な配達をしてくれます。それはありがたいのですが、朝の7時って。

サイトには配達は「朝の9時以降」とあり、私の家は配達ルートの最初の方らしく、いつも9時をまわってすぐぐらいに来ます。が、この日は特別早かったのです。

思うに、新学期前で、文具の注文がいつもより多く、早朝から夜遅くまで配達してまわっていたのかもしれません。

品物を受け取ってサインをしました。配達のおじさんは私がパジャマ姿でも別段なんにも気にしてない様子。

普段着もパジャマに近いからでしょうか?

これから着替えてからブログを書くことにします。


★私も夏休みにすっかりだらけた・・・そんなあなた!
ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)

人気ブログランキングへ


☆いつも応援ありがとうございます。
 タグ
None