名古屋駅


フェイスブックで教えてもらった「名古屋のオカン」という動画をご紹介します。

鉄崎幹人(てつざきみきひと)という中部地方のタレントさんが作ったもの。
ご本人が出演されています。

この動画は「名古屋の人じゃないと楽しめないだろうな~」と思う地元ネタがてんこ盛り。
反面、名古屋を知らないとおもしろくもなんともないかもしれません。

私がこの動画を紹介しようと思ったのは、YouTubeの説明に、

「名古屋のオカン」に字幕が入りました。 一日一回ただ観るだけで、名古屋弁が話せるようになります。 しばらくすると名古屋人の話す名古屋弁に耳がついていくようになり、 自然に口から出てくるようになります。 明日からといわず今すぐ使える実用的な名古屋弁初級編
引用元: 名古屋のオカン(字幕スーパーあり) - YouTube
とあったから。

これってフランス語脳プロジェクトの織田先生の考え方と全く同じではありませんか!?
織田先生は虎と小鳥のフランス日記で親鳥が飛ぶのを見て、ひな鳥(生徒)も飛ぶ真似をしろ、とおっしゃっています。

本当に「飛ぶ」と墜落の可能性がありますが、言葉ですからね。
うまく真似できなくたって、痛くもかゆくもありません。せいぜい口がもつれるぐらいでしょう。

というわけで、週末の今日は、フランス語ではなく名古屋弁に耳慣らしをしてみてください。

歌詞がわかりやすいように、字幕スーパーつきを・・・あ、いけません。
いきなり字幕つきを見てはいけないのでした。

「わかってもわからなくても、まず字幕なしで見て、少しでも聞き取ることが大事」と
「虎と小鳥」の解説をしているケンから指導されています。

まず字幕なしをご紹介します。

5分35秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒「名古屋のオカン」

・・・「コメダの豆は持って帰る」
笑えます。
でも、豆って袋に入ってでてきましたっけ?

続きには字幕スーパーつきを貼っていますよ。


☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

この動画を作った鉄崎幹人氏は名古屋の人。

でも、ずっと名古屋にいたら、こんな曲は作れないですよね。名古屋の外に出てみないと、「あれって名古屋弁だったんだ!」ってわからないですから。

案の定、鉄崎氏は2000年ぐらいまでは名古屋で活躍されていましたが、今は静岡でも仕事をしていて、この曲も静岡で製作している番組から生まれたのだそうです。

彼のブログにこの名古屋弁ラップを制作した理由などが語られていました。部分的に引用します。

名古屋制作のテレビ番組っていっぱいあるけど、出てるのは東京のタレントさんばっかし。メインは全国区のタレント、そしてサブは局アナ。ほとんどがこの図式だ。

このままだと真の意味での「名古屋発の放送文化」って消えてしまうよ。

放送局ってもちろん営利目的の一企業ではあるけれど、同時に「文化を育む中心拠点」であるべきだと思う。

若手、誰も育たないよ。キンタロウもスギちゃんも、愛知出身。けれど出身ってだけで、地元の番組は経験してない。つまり、「いきなり東京行っちゃった」パターンだ。

この「名古屋のオカン」は、実はそんな名古屋の放送文化に対する、一種のアンチテーゼでもあるのだ。

以上、ハウリンウルフ:名古屋のオカン・字幕入りより。

この問題をかかえているのは名古屋だけではないでしょうね。
でも今は、ラジオやテレビがだめなら、もういきなりYouTubeで全国区、あるいはワールドワイドになるチャンスもありますね。

96歳のフレッドじいさんの曲を売りだしたグリーンスタジオのように。

まだまだテレビの威力はすごいのですが、インターネットやスマートフォンその他の普及で、
今後は放送文化も変っていくのではないでしょうか。

では、最後に字幕入りをご紹介します。
字幕なしでどれだけ聞き取れたかチェックしてみてください。

5分35秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒名古屋のオカン(字幕スーパーあり)

「字幕を見たけど、まだわからん…」

そんなあなたは、お問い合わせフォームからお気軽に聞いてくださいね。


☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

☆いつも応援ありがとうございます。

・・・・・この記事と一緒によく読まれている記事です・・・・・

花瓶
⇒96歳のおじいさんが書いた曲がYouTube(⇒iTunes)で大ブレイク



飛行機雲
⇒ユーミン、どうしてあなたは歳をとらないの? - 50歳からのフランス語


コーヒーカップ
⇒そしてpenは途方に暮れる - 50歳からのフランス語


 カテゴリ
 タグ