☆2016年10月4日 この教材は現在、おすすめしていません。pen☆

2014/09/11追記:

「虎と小鳥のフランス日記」の配信は2014年9月をもって終了いたします。10月からはケンとティファニーが作る動画が配信されます。

以下の記事は2013年7月28日執筆時の情報に基いています。ただし、特典は現在のものに書き換えました。

以上、ご承知おきください。


「虎と小鳥のフランス日記」バナー


自宅や通勤途中の電車の中で、まるで自分が
パリにいるような気分になれるフランス語の
教材があるって、知ってましたか?

たとえパリに一度も行ったことがなくても、
知らないうちに、モンマルトルの土地勘が
ついてしまうような教材が。

それがパリの今を伝える「虎と小鳥の
フランス日記
」というビデオです。

「え、東京に住んでるし、まわりは日本人ばかりなんですが、
本当にそんな気分になれるんですか?」

なれるんです。

インターネットの教材だからそんなことが可能なんです。

「虎と小鳥のフランス日記」は、手元に届く
1~3週間以内に制作された
できたてのほやほやの動画です。

字幕や和訳、解説の動画も、配信直前に準備されるから
とても生きのいい教材なんですね。

私は2012年の2月半ばから始めました。

いつも自宅で学習しています。

それまでフランス語はラジオ講座で1年独学。
フランス語脳プロジェクで文法編を半年勉強。
そして「虎と小鳥のフランス日記」を始めました。

その週のエピソードのビデオを見て、書き取りをして、
解説の動画を見て、単語を調べてブログにメモ。

そんなことを一年ちょっと続けたらだんだん
フランス語が聞き取れるようになって来ましたよ。

教材の内容:

・パリを中心としたフランスで撮影された2分~3分ぐらいのビデオ
(字幕なし、フランス語字幕つき、日本語字幕つきの3種類)

・フランス語のスクリプトとその和訳が書かれたもの(PDF)

・文化的背景の説明(PDF)

・その週の内容を解説したビデオ(20分~30分)

・解説に使われたスクリプト(PDF)

以上が、パソコン用とスマートフォン用の
2セット、ZIPファイルで届きます。


この教材のよいところ:

1.ナチュラル。ごく自然なスピードのフランス語

2.タイムリー。遅くとも数週間前に作られたもの。

3.多彩な内容。大統領選挙からのみの市まで
 さまざまなフラス文化に親しめます。

4.美しい映像

5.字幕つき。自然なスピードのフランス語に正確な
字幕がついているものを探すのはけっこう大変です。

6.ほかの受講生とする情報交換。ブログ、
フェイスブックなどでつながっています。

7.何回でも気の済むまで見られる動画。
iPhone、iPadなどにも対応。

8.時間の制約がないこと。自分のペースでできますね。

9.「虎と小鳥のフランス日記」のメンバーになれば
 「虎と小鳥のフランス語スクール」のさまざまな講座
 企画に無料/優待で参加可能。

10.楽しい


「虎と小鳥のフランス日記」広島

広島でフランス語体験をしているmasausaさんも受講生さんです。


でも、体験したことがないと、いろんな不安が
あるのもわかります。私も申し込むまでに、
二週間は悩みました。

「通信教材だからためこんで挫折しそう・・」

がんばって勉強するほかの受講生さんから、
モチベーションをもらえるので続きます。
みんなやる気のある人ばかり。

「生のフランス語なんて、初心者の私について行けるのかな?」

まったくの入門者にはきついかもしれません。
でも最初から本当のスピードに慣れておくのは大切なこと。
だってそれが本物のフランス語なのだから。

文法に不安があればまず文法編を受講すれば大丈夫です。

「パソコンに不慣れなんだけど、
 ダウンロードとかうまくできるかしら?」

ブログを書いたり、今、この記事を
閲覧できていれば大丈夫です。

私にご連絡いただければ、サポートもします^^!

「本当にしゃべれるようになるの?」

「虎と小鳥のフランス日記」は基本的にインプットの学習。

アウトプット(会話、作文など)強化には、
「ネイティブ化プロジェクト」という会話講座に
参加するのもいいでしょう。

でも、会話をするためには相手の話を聞くことは
避けて通れないこと。この教材で耳をきたえるのは
とってもおススメです。

「毎日忙しいけど、大丈夫かな?」

ビデオそのものは3分前後の短いもの。

通勤、通学の途中にiPhoneなどで視聴したり、PDFを
持ち歩いたり、職場から、キーフレーズを書いている
私のブログをチェックすれば学習できます。


教材の制作陣は

・パリで大学の博士課程在学中の織田先生。

・実際にビデオを制作しているのは二人のフランス人

虎=Antoine(アントワーヌ)という男性。
  動画のカメラ担当。

小鳥=Camille(カミーユ)という女性。
   動画に出演して動いたりしゃべったりを担当。

・パリで研究中の日本人、健さんが
 Antoineと字幕を担当。


アントワーヌとカミーユは音楽デュオを
組んでいるミュージシャン。毎回二人の
素敵な音楽がバックに流れていますよ。

プロモーションビデオです↓



こんなビデオがもう、111話まであるんです。

毎日見れば、あなたも気分はすっかり
パリジェンヌやパリジャンに。

「ずっと前からフランス語を勉強してみたかった」

「フランス語を始めたみたものの、
 どこから手をつけていいのかわからない」

「毎年夏になる前にラジオ講座を聞かなくなってしまう」

「生のフランス語をもっと聞きたい」

「パリのいろんな顔を知りたい」

そんなあなたのための教材が、この
「虎と小鳥のフランス日記」なのです。

現在、「虎と小鳥のフランス日記」を含んだ
「フランス語脳プロジェクト」の無料体験ができます。

今、無料体験に申し込むと、
●フランス語脳にする方法~文法学習のワナを回避し、フランス語中毒になって学び続けるには?(動画)
●サンプル授業~外国人のためのフランス語音声学、一流大学をしのぐ文法授業(動画)
●合格体験記、滞仏体験記

さらに、私、penからのプレゼントもご用意しました。
こちらでご紹介しています⇒学習法のミニレポートプレゼント

どれも期間限定です!

このチャンスをものにして、この夏、
一歩フランス語の世界に近づきませんか?

「やってみたい!でもなんとなく不安・・・」

そんな人は今すぐpenにメールくださいね。お気軽に^^



※教材の内容は2014/06/16現在のものをご案内しています。ただし、特典は2014年9月に変わりましたので、書き換えました。最初にも書いたとおり、「虎と小鳥のフランス日記」は2014年9月で配信を修了します。

************
☆2016年10月4日 この教材は現在、おすすめしていません。pen☆