「虎と小鳥のフランス日記」第2話 王のパティシエとライブに出てくる三つの場所の概要を調べてみました。パリについてよく知らない方むけのエントリーです。

ストレール 総業1730年のパリの老舗のお菓子屋さん



Patissier Stohrer
Patissier Stohrer / voces


公式サイト 
Stohrer | Pâtissier Traiteur – A Paris depuis 1730

お惣菜なども売っている。
51 Rue Montorgueil 75002 Paris 二区 モントルグイユ通り
ストレールというのは、アルザス生まれの創業者の名前
1725年からルイ15世の専属になり5年勤める → 王のパティシエ
そのあと、お店を現在の場所に開く。

 


ホームページにあったビデオ。6分半。前半はオーナーが店の歴史を紹介している。当然フランス語だが、写真や絵があるのでわかりやすい。主旨は、とにかく古くて格式があるが革新的でもあるすばらしい店だということのようだ(想像です)。後半はパティシエさんがBABAというお菓子を作ってみせてくれる。ここで、ああ、だからオーナーがババ、ババと言ってたんだ、とわかる。



お店の中に女神様の絵がかかっているが、その女神様が、Puits d'amour (ピュイ・ダムール) と Ali-Baba(アリ・ババ)というお菓子を持っていて、これがこのお店のウリのオリジナルのお菓子らしい。


ちなみに、puits という単語は「星の王子さま」にも出てきて「井戸」という意味だが、「愛の井戸」だと変なので「愛の泉」。ババは、作ってるところを見ると、細長いポップオーバーにサバランみたいにお酒をぶっかけた感じ。どこかの王様が固くなったブリオッシュにラム酒をかけて食べたらおいしかったということからできたと言われている。ピュイ・ダムールはパイで、中にカスタードが入っている。上がやっぱり濡れた感じだ(キャラメリゼ)。


 


「虎と小鳥」の解説で紹介されていた本:王のパティシエ



アマゾンの紹介文句
パリの老舗パティスリー「ストレール」に残る記録や史料をもとに、日記形式で綴るフランス菓子の歴史。革命前の街の息づかいとともに、甘く芳ばしい香りがただよう。レシピ67点。


フランスで料理や菓子の作り方を勉強したいから、フランス語を学んでいるという方は読むと楽しいかもしれない。ほかに、王様や宮廷に興味ある人や、フランスの歴史に興味ある人、フランス菓子に興味のある人なども。いっそ、フランス語で読めばいいと思うが、アマゾンのレビューで★を二つつけてた人によると、アマゾンフランスにはなくて、モントルグイユ通りのこの店まで買いに行かないと手に入らないらしい。フランスの図書館にはあると思う。邦訳は大森由紀子監修。

出版した白水社で大森由紀子の「はじめに」の一部が読める。→ http://www.hakusuisha.co.jp/topics/08105.php



ポンピドーセンター


Le Centre Georges Pompidou (Paris)
Le Centre Georges Pompidou (Paris) / dalbera


パリ4区(セーヌ川右岸)にある総合文化施設


75004 Paris


1977年開館。名前はフランス第五共和政の第2代大統領で、現代芸術の擁護者でありこの施設を発案したGeorges Pompidouにちなんでつけられた。?Pompidouはドゴールの後継者。在任中に白血病でなくなった。


以前ラジオ講座で、パトリス・ルロワ先生が、自分は大学生のとき、学校には行かず、いつもポンピドー・センターで勉強していた、とおっしゃっていた。図書館を利用していたのだろう。


公式サイト
Centre Pompidou - Art culture musée expositions cinémas conférences débats spectacles concerts




île Saint-Louis サン=ルイ島


サンルイ島
photo credit: (vincent desjardins) via photopin cc

アイスクリーム屋さんのあったところ。4区。パリの中心部に位置するセーヌ川の中州。ノートルダムの後ろ
シテ島と並んで「パリ発祥の地」と呼ばれ、最高級住宅地。



・・・・・2012年2月26日に書いた記事です・・・・・


*********

このエピソードはサンプルビデオはありませんが、メインブログのほうで写真満載で内容をご紹介しています。
アントワーヌとカミーユ(虎と小鳥のフランス日記)
こちらから⇒第2話 王のパティシエとライブ



☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

☆いつも応援ありがとうございます。