りんごの木

きょうのフランス語は verger 「果樹園」です。後半ではイヴ・デュテイユ(Yves Duteil)の«Le Fruit de Mon Verger» というきれいな曲を紹介しています。

verger の語源はラテン語のverdis 「緑の」という意味。この単語から色の「緑」 vert ができました。

英語のvegetable もこれに関係があるのかな、と思って調べたら、こちらはラテン語の vegetus 「元気な、活発な、活力のある」という単語からきたものでした。なるほど。

昔から野菜を食べると元気になれたのですね。

例文:昼食に出した果物はみんな隣人の果樹園でとれたものです。

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
Tous les fruits servis au déjeuner viennent du verger de mon voison.

servi < servir ~に食事を出す、給仕する の過去分詞

venir de ~から来る

**********************

Le Fruit de Mon Verger イヴ・デュテイユ(Yves Duteil)


きょうは イヴ・デュテイユ(Yves Duteil)の
Le Fruit de Mon Verger という美しい歌をご紹介します。
「私の果樹園の果物」という意味です。邦題探したけど見つからず・・・


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Yves Duteil - Le fruit de mon verger

verger は冒頭のパッセージに登場。

J'ai cueilli dans ma vie des fruits de toutes sortes
J'en ai cueilli bien plus que n'en pouvais manger
Mais celui-là poussait juste devant ma porte
Aucun autre que moi ne l'a dans son verger

僕は、これまでの人生であらゆる果物を摘んだ
食べきれないほど
でも、この果物は、扉の前にある
僕以外は誰も果樹園で育てていない果物だ

それはどんな果物かというと・・・
歌詞はこちらにあります⇒Yves Duteil Lyrics - Le Fruit De Mon Verger


いい曲ですね~。1977年発売のLa Tarentelle ラ・タロンテル (タランテラのこと)というアルバムに入っています。

これ、もし発売当時、もしくは80年代前半に日本のドラマの主題歌に使われていたら絶対ヒットしていたと思います。

ま、そのようなことは起こりませんでしたが。

イヴ・デュテイユは1949年生まれ。
1972年にデビューしたフランスのシンガーソングライターです。

彼の好きなもの
・フランス語(自分の国の言葉の美しさをたたえた歌を作っています)
・子ども
・自然

シンプルライフを好み、芸能界のきらきらは苦手。

シンプルだけど愛にあふれた詩と、親しみやすい曲を書く人。
今も現役で、フランスでは独自の地位を獲得している歌手です。

日本にも来日したことあり。

この果物の曲が入っているTarentelle というアルバムにおさめられている、Prendre un enfant (子供を抱いて)という曲が代表作。
ほかにも子どもがテーマの曲がいくつもあります。

彼は歌を歌うかたわら、1989年から2014年まで、プレシーシュールマルヌというセーヌエマルヌにある人口500人の村の村長を勤めていました。

10年ぐらい前に、「子どもの権利(Tous les droits des enfants)」という歌も作っています。これはフランス政府に頼まれて作ったもの。

これもすごくきれいな曲です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Yves Duteil:Tous les droits des enfants(2003)Unicef

イヴ・デュテイユ、こんなフォーラムにも出席。
asahi.com: フォーラム「うたおう 子どもの権利」 - 朝日新聞社シンポジウム


La Tarentelleは中古品で入手可能です。
La Tarentelle
La Tarentelle


☆最後まで読んでくれてありがとう。
記事を気に入ってくれたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
☆いつも応援ありがとうございます。
 タグ