wedding

きょうのフランス語は emprunter 借りる です。
記事の後半では、結婚式に身につけると縁起のよい Something Four (サムシングフォー 4つの何か)とその象徴するものをご紹介します。

例文:何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いもの

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
Quelque chose de vieux, quelque chose de nouveau, quelque chose emprunté, quelque chose bleue.

emprunter à ~から借りる

J'ai emprunté un livre à un ami.
私は友人から本を1冊借りた。

名詞形はemprunt 借りること、借り物、借金 これは公債という意味もあります。

関連⇒フランス語の投資・金融用語プチリスト

反対語は prêter です。

使用例

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Dialogue 64 - English French Anglais Français - Borrow the car - Emprunter la voiture

これ人口音声ですよね?
なかなかうまくできています。

●花嫁さんのSomething Four (サムシングフォー)


きょうの例文は、イギリスの古いryme(韻を踏んだ詩)をフランス語に訳したもの。

この詩は、花嫁さんがお嫁入りのときに持っていくと、縁起がよく、幸せになれる5つのものを語っています。ヴィクトリア時代から伝わっているそうです。

Something old, something new
Something borrowed, something blue
And a silver sixpence in her shoe.


古いものは、「継続」の象徴。お嫁さんのおばあさんや、お母さん、さらにもっとさかのぼった祖先とのつながりを意味します。

結婚生活が続く願いもこめています。

新しいものは、「未来への希望や素晴らしいい未来」のシンボル。

借り物は、花嫁の家族や、友だちが、結婚の日や、そのあともそばにいて、何か困ったことがあると助けてくれる、ということを意味します。

特に、すでに幸せな結婚生活を送っている女性から、何かを借りると、その幸せを、自分の新生活にももたらすことができます。

青いものは、「忠誠、純粋、愛」の象徴。6ペンスは、「経済的に豊かになること」を意味します。

今は、6ペンスをのぞいた4つのものは、4 things for wedding と呼ばれることもあり、縁起をかつぐ花嫁さんは、結婚式で身につけます。

4つ揃えるの、そんなに難しくないですしね。

西洋では、花嫁衣装や指輪も、新郎新婦のお母さんのものを使うこともよくありますから。

古いものを使ったり、人から借りたりするのは、エコだし、いい風習ではないでしょうか。それにロマンチックですしね。

幸せのピークは結婚式で、あとは下り坂のカップルも多いですけど。

この4つ、映画にもよく出てきます。

★関連記事もどうぞ:
おつきあいした相手と結婚するとは限らない

民法上の結婚とは

ガーター~フランス文化に欠かせないもの

きょうの単語:enterrement de vie de garçon 「独身生活の葬式」とは?

☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
☆いつも応援ありがとうございます。
 タグ