猫

きょうのフランス語は、malveillant  「悪意のある」という意味の単語です。これはmal (悪い)+veillant (vouloir の現在分詞の古い形)からできたもの。 悪いことしたいと思っている⇒悪意のある、という感じでしょうか? 後半では、Les logiciels malveillants(マルウエア)について説明している動画をご紹介します。

例文:彼があなたを傷つけたのは知っているけれど、彼はわざとそうしたわけではない。彼は悪い人ではないと思う。

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
Je sais qu'il t'a blessé, mais il ne l'a pas fait exprès, je ne pense pas qu'il soit malveillant.


blesser 傷つける

Vous l'avez blessée avec ces paroles.
あなたはその言葉で、彼女の心を傷つけた。

faire exprès de +inf. 故意に~する。
Il fait exprès de la blesser.
かれはわざと彼女を傷つけている。

exprès は、「速達の」という形容詞ですが、「わざわざ、特別に;故意に、わざと」という意味の副詞でもあります。

Il est venu exprès de Paris pour me voir.
彼はわざわざパリから私に会いに来た。

malveillant, malveillante ↔ bienveillant

tenir des propos malveillants 悪意のある発言をする

penser que ~と考える
★主節が、否定、疑問の時、que以下は接続法を用いることが多い。

Je pense qu'il viendra.
彼が来ると私は思う。

Je ne pense pas qu'il vienne.
彼が来るとは思いません。

Pensez-vous qu'elle puisse vous aider ?
彼女があなたの手助けをできると思っているのですか?

ただし、従属節が客観的事実を表す場合、主節が否定/疑問でも、que以下は直接法。

Je ne pensais pas qu'il étatit malade.
彼がまさか病気だとは思わなかった。(実は病気だった)

●Les logiciels malveillants マルウエア


malveillant の使用例として Les logiciels malveillants の説明ビデオをご紹介します。

logiciel malveillant とは、英語の malware つまり マルウエアのこと。
悪意のあるソフトウェアの総称。たとえば、ウイルスとかトロイの木馬とかスパイウエアなど。最近はいろいろあります。

字幕付きです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les logiciels malveillants マルウエア

ウイルス les virus
ワーム les vers
トロイの木馬 les chevaux de Troie

マルウエアに侵されないための、対策の最後に出てきたことわざ。

Mieux vaut prévenir que guérir.
予防は治療に勝る。
転ばぬ先の杖

ということわざが出てきます。

何でもそうですが、特にマルウエアはパソコンが変になってしまったあとだと、ダメージが大きいです。

幸い私はウイルスなどの攻撃にあったことはないのですが、スパイウエアは知らないあいだに入り込んでいることがあります。対策しておいたほうがいいですね。

マルウエアについて、日本語の説明⇒マルウェアとは|マルウェアの脅威とその対策

☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
☆いつも応援ありがとうございます。
 タグ