きょうの単語は abri アブリ 避難所 シェルター という意味です。パリのSDF(路上生活者)のルポと、コラリー・クレモンの『影と光』という曲を紹介しています。

例文:盗品は田舎の避難所に隠されていた。

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
La marchandise volée était cachée dans un abri à la campagne.

abri の語源は、 aperire 開く、覆いをとる → apricus 日の当たる→ apricare 太陽で温める → abrier 陽だまりで寒さや風から守る、保護する というふうに変遷。

ようするに、日当たりがよく暖かい場所、という感じですね。危険や悪天候から身を守る具体的な場所を表すごく一般的な単語です。

abri antiatomique
核シェルター

La grotte nous a servi d'abri contre la pluie.
洞穴が私たちの雨宿りの場所になった。

Un violent séisme a rendu sept cent mille personnes sans abris.
大地震によって70万の人が住む家をなくしました。

類義語は refuge, asile, retraite など。

sans-abri は家の人、つまり、ホームレスや路上生活者です。又の名を, sans domicile fixe (SDF)

こちらはパリの路上生活者をリポートするクリップ。最初のほうに、sans-abriと出てきます。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les SDF à Paris : un combat sans fin パリの路上生活者:終わりなき戦い


**************

コラリー・クレモンの『影と光』


コラリー・クレモンのL'ombre et la lumièreという歌に、abriが出てきます。


※※YouTubeで見る方はこちらから⇒Coralie Clement - L'ombre et la lumière

abri の出てくる箇所は2つめのパッセージ

Un beau jour
Une fin d'après midi
On vole aux quatre vents
Vers un ailleurs
Un atoll, un abri
Une rivière de diamants
On oublie les comptes et les débits
Les quoi, les où, les quand
Simplement, simplement



天気のよい日の
午後も遅い時間
東西南北に飛ぶ
どこか別の場所に向かって
さんごの島、安全なシェルター
ダイヤモンドの川
お金や売れ行きなんてどうでもいい
何をする、どこへ行く、いつにする
シンプルに、シンプルに

歌詞と訳詩⇒歌:L'ombre et la lumière『影と光』|penのフランス語日記


単語メモ⇒L'ombre et la lumière

お花のアイコン


いかがでしたか?
影があるから光がある。今は光の中にいる人も、いつ影の世界に入りこんでしまうかわかりません。

それは、ほんのちょっとしたきっかけ、運命のいたずらで起こってしまうような気がするのです。

☆最後まで読んでくれてありがとう。
お役に立てましたら、お好きなほう、1つクリック願います。
もちろん両方クリックしてもOK。
★「フランス語ランキング」はこちら
人気ブログランキングバナー
⇒フランス語ブログランキングへ


★「50代自分らしさ」はこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
⇒にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます。




 タグ