TIMEマガジンの選んだ「今年の人」について読みました。

Année 2011, année des manifestants

http://1jour1actu.com/monde/annee-2011-annee-des-manifest...

今年は、エジプト、カイロのタハリール、スペインのプエルタ・デル・ソルなどを始め、世界のあちこちで既存政府に抗議する人々のデモがメディアで注目されました。それを受けて、アメリカの雑誌、TIMEが選んだ2011年の「今年の人」(The Person of the Year; personnalité de l'année)は特定の個人ではなく、「抗議する人(The Protester;le manifestant, le protestataire)」でした。

TIMEの「今年の人」は1927年にもうけられ、毎年その年に最も活躍したり話題になった人が選ばれます。2010年はFacebookを創設した、Mark Zuckerberg, 2008年はアメリカのオバマ大統領でした。

TIMEが「抗議する人」を「今年の人」に選ぶのも無理ないほど、今年は各国で人々が抗議運動を繰り広げました。代表的なところでは、「アラブの春」と呼ばれる中東・アラブ諸国の民主化のためにエジプト、チュニジア、リビアで、独裁政治にノーと言い、民衆の権利を求めた抗議者たち、経済危機に対して政府の政策が生ぬるいとして、抗議したスペインやギリシャの若者、そして、不正選挙に抗議したロシアの人々。ちょっと前にNYのウォール街でも、デモがありましたね。この傾向は来年も続くのではないでしょうか。



◆きょうの単語
manifestant デモの参加者

語源はラテン語の 「見せる、探し当てる」という意味の manifestare。les manifestants は公共の場所に集まり、政府への不満や、反対意見を述べる人たちで、基本的に暴力行為はしません。


http://www.time.com/time/magazine/current
TIME マガジンへのリンクです。


・・・・・2011年12月29日に書いた記事です・・・・・