読解編第十回後半の復習をした。

Ch.2.7
Ce n'est pas de ma faute. J'avais été découragé dans ma carrière de peintre par les grandes personnes, à l'âge de six ans, et je n'avais rien appris à dessiner, sauf les boas fermés et les boas ouverts.

je n'avais rien appris ...
rien の用法 プチロワより
複合時制の動詞の直目のときは、助動詞と過去分詞の間に、不定詞の直目のときは、その不定詞の前に置く。
Il n'a rien mangé.
Il ne veut rien manger.
★日常語では ne が省略されることが多い。
J'en sais rien.

J'avais été découragé ... 大過去
1.やる気を失わされた(6歳のとき)→ 2.王子の肖像画をがうまく描けなかった(王子と砂漠にいたときのこと)
という因果関係をつかむ。


Ch.2.8
Je regardai donc cette apparition avec des yeux tout ronds d'étonnement. N'oubliez pas que je me trouvais à mille milles de toute région habitée.

des yeux tout ronds の tout は副詞(性数一致なし)

cette apparition には二通りの訳し方がある。・・・ここ今ひとつ説明がピンとこなかったが、抽象名詞のまま訳すのと、(読解編第七回でやった)抽象名詞を具体的なかたちに戻して訳す、ということだと思う。ちなみに私は、「その少年を見た」と訳した。
1.apparition を抽象名詞として訳す。 王子の登場 
2.具体的に王子として訳す。王子を驚いて見た。
*この cette は定冠詞的用法。


Ch.2.9
Or mon petit bonhomme ne me semblait ni égaré, ni mort de fatigue, ni mort de faim, ni mort de soif, ni mort de peur. Il n'avait en rien l'apparence d'un enfant perdu au milieu du désert, à mille milles de toute région habitée.

or は結論に行くまえに少し寄り道するニュアンス。といっても、流れや目的地は変わらない・・・という説明があった。ということは、「余談ですが」とか「ちなみに」などという訳語も使えるかもしれない。私は、その前の文が読者への語りかけだったので、「さて本題に戻って」というニュアンスだと思っていたけど、違うか。

ne en rien の en に特に意味はない。強調、とのこと。
プチロワには、Il n'en est rien. 全然そんなことはない、全く違う。という表現があった。

mon petit bonhomme の mon は定冠詞的用法


<語彙>
sauf ~をのぞいて =except
Tout le monde est content, sauf lui.

étonnement 驚き =surprise
à mon (grand) étonnement 驚いたことには、
avec étonnement 驚いて

se trouver+場所/属詞 (ある場所、状態に)いる、ある
Il se trouve actuellement à Paris.
Où se trouve la bouche du métro? 地下鉄の入り口はどこにありますか?

S + sembler +属詞 Sは~のように見える
Il semble (à qn) que 直接法/接続法 (人には)~であるように見える
Il me semble que je l'ai déjà rencontré. 以前、会ったような気がする。
Il semble que ce soit [c'est] la meilleure solution. それが一番いいやり方のようだ。
Il ne semble pas qu'il dise la vérite. 彼が本当のことを言うとは思えない。
★à qnがあるときは直接法だが、主節が否定・疑問のときは接続法。à qnがないときは接続法が多いが、確信の度合いが高いと直接法。

égaré 道に迷った 
brebis égarée 迷える子羊


・・・・・2012年1月23日に書いた記事です・・・・・
 タグ