今週の「虎と小鳥のフランス日記」は アルスナル港が舞台。ここはセーヌ川とサン・マルタン運河をつなぐ場所でヨットハーバーとなっています。アントワーヌのゆっくりナレーションで、短いしディクテの練習に向いています。

パリのアルスナル港



まず書き取りをやってみた。

これです↓
虎と小鳥のフランス日記 77話 ディクテ


*gravure 版画のスペルを間違えています。


書き取りによる気づき


テレビの野球の解説者がよく「◯投手の悪いところが全部出ましたね~」みたいなことを言いますが、私のディクテもいつもの弱点がたくさん出ております。

1.LとRの聞き間違い、書き間違い

2.BとVの聞き間違い、書き間違い

3.冠詞を落とす

4.前置詞を落とす

5.複数のSを落とす(あるいは単数なのによけいなSをつける)

この5つは辞書登録しておいてもいいくらい、頻繁にするミスです。

あとはなじみのない単語や表現が聞き取れませんでした。


語彙・表現


le long du cours  ~に沿ってずっと

avant de ~する前に avant d’arriver à  到達する前に

écluse 水門

relier à ~をつなぐ、結ぶ

amarrage (船、飛行船などの)係留、係留具。 この単語は知らなかったのだが、辞書を見たら以前ひいた跡があった。

au-dessus de ~の上方に ⇔ au-dessous dessusと dessousの聞き分けができない。

permettre de のdeを聞き落としていた。

tous types d’objets の typesを思いつかなかった。前も出てきたんだけど。

mobilier 家具、調度

gravure 版画

argenterie  銀製品

verrerie ガラス製品



文法


・ Le long du cours de la Seine は定冠詞がついているが副詞句。場所や時を表す句で出てくる用法。

・ lequel relie … の lequel quiだと先行詞があいまいなので、性数のわかるlequelを使用。



今回の数字


1983 mille neuf cent quatre-vingt-trois

1969 mille neuf cent soixante-neuf


その他の気づき


この場所はアントワーヌのお勧めの場所らしい。


今回の動画の撮影場所と撮影時期


アルスナル港

2012年10月か11月



サンプルビデオ


★サンプルビデオです。
仏語字幕。57秒



★「虎と小鳥のフランス日記」についてはアメブロにいろいろと書いてます。