「虎と小鳥のフランス日記」 第61話 「理想的な日曜日 その3」を受講したので、ディクテ、単語・表現メモを書いておきます。

今回の舞台は、前回のシャン・ド・マルス公園から、780メートルほど南にあるグルネル通りのマルシェ。

そこで、Camilleはローストチキンとりんごと桃を買い、ついでにそばのパン屋に行きパンも買ったようだった。


まず、いつものように書き取りをした。今回も分量が少なかった。表現は簡単なのだが、ところどころ音がまったく聞き取れなかったところがあり、そういうところはまるっと赤い字で書いてある。
虎と小鳥 #61 ディクテ-1

虎と小鳥 #61 ディクテ-2



書き取りによる気づき

全体的に簡単なのだが、短い文がささっと言われるので、そういうところはあまり聞き取れていない。

il fautのil  が省略されて fautのみになるところも、以前出てきたけれど聞き取れていない。

音がよく聞こえなくて、文全体が聞き取れなかったものがあった。

Qu’est-ce que je vous mets comme pommes ?

Ben je vais prendre des galas.

Trois galas s’il vous plaît.

Qu’est ce que je voulais prendre aussi… ?

単語を思いつかなくて聞き取れなかったところ

Euh et mûres quoi, pour aujourd’hui.

表現を思いつかなくて聞き取れなかったところ

le plus de monde (クズデモンと聞こえた)

早口すぎて聞き取れなかったところ

on va accrocher のように聞こえたのは、 sont pas trop chers だった。


語彙・表現

un poulet rôti fermier 地鶏のローストチキン rôtir

beurre fermier 自家製バター

un stand où les fruits sont pas trop chers 果物があまり高くない店

là où y’a le plus de monde 最もお客のいるところ → 文法

Qu’est-ce que je vous mets comme pommes ? りんごはどれにしますか?

← 直訳: リンゴとしてどれを置きますか?

et mûres quoi, pour aujourd’hui. 熟したものを(お願いします)、きょう食べるので。 quoi = n’est pas (だがほとんど間投詞)


今回の数字

6,70 ; six soixante dis 6ユーロ 70  ローストチキンの値段

7 euro 59 sept euros cinquante-neuf 6ユーロ 70  果物の値段



文法

le plus de monde 最も人が多い


plusの発音について プチロワ 1158-1159ページ
副詞のplus
ふつうの比較のplus は プリュ

動詞を修飾する時は 一般にプリュス。 Jean travaille beaucoup plus que Pierre.

★neを省略した否定のplusと 比較のplusを区別するために、次のように発音しわけることがある。
Il a plus de travail. 彼はもう仕事がない。 ★否定 プリュ
Il a plus de travail. 彼はさらに仕事が増えた。 ★比較 プリュス

de, queの前や、文末、休止の前ではプリュスと発音することが多い。

名詞のplusはプリュス
より多いもの 
Il ne faut pas demander plus. それ以上のことを求めてはいけない。

前置詞のplusはプリュス。

を加えた、足した
Deux plus trois font cinq. 2+3=5



vouloir 半過去形

je voulais
tu voulais
il voulait
nous voulions
vous vouliez
ils voulaient


その他の感想

ローストチキンがおいしそうだった。


今回の動画の撮影場所

Marché Grenelle グルネルのマルシェ 15区





今回の動画の推定撮影時期

2012年7月

☆サンプルビデオ。仏語字幕。約50秒





★「虎と小鳥のフランス日記」についてはアメブロで随時関連記事を書いています。