「虎と小鳥のフランス日記」第49話で大統領選挙がとりあげられましたので、お正月に、1jour1actuにアップされた政治/選挙用語集を訳してみました。

元記事 → Le lexique de la présidentielle | 1jour1actu - Les clés de l'actualité junior

用語の日本語での言い方は辞書でしらべ、説明は記事の和訳。かっこ書きは自分用メモです。



altermondialismeアルテルモンディアリスム;アルテルモンディアリストとは、世界を変えようとしている人達。貧しい国の暮らしを向上させ、人権、平和、民主主義を擁護する。アルテルモンディアリストは富が貧しい国にも、金持ちの国にも分配されることを希望している。
ambassadeur大使:外国で公式に自分の国を代表している人
abstentionniste棄権者:投票を棄権する人
argumenter論証する:自分の意見を守るために証拠を加えて論じること
Assemblée nationale国民議会:577人の議員がいる立法機関。政府の行動のチェックもする。政府の案に同意しないときは、政府の案をくつがえせる。(=exiger son changement)
cabinet ministériel内閣官房?:大臣の手伝いをする人達の集まり
campagneキャンペーン:ある目的を達成するために、与えられた時間に最大限の活動をすること。ここでは、選挙活動のことだが、広告や、軍事にも使われる。(「田舎」という意味の単語と同じ)
capitalisme資本主義:資本主義社会は、生産する場所やもの(工場や機械など)が政府のものではない。たとえば、フランスでは、郵政省やSNCF*など一部の企業のみ国営。国営企業は、勝手なことはできず、公共サービスをすることになっており、またレイオフなどもできない。
cité(古代の)都市国家:2000年前のギリシャの初期の民主社会。cité は都市であり、社会的な機能を持っていた場所
communisme共産主義:工場、土地、すべての富が国家に属する社会
Conseil supérieur de l’audiovisuel (CSA)視聴覚高等評議会(セサ):テレビ番組の表現の自由を確かにし、マイノリティ、消費者、さまざまな情報を守る機関 (フランス語の放送を一定の時間、やらなければだめと言って、アメリカ文化の侵入を防ごうとしている)
Constitution憲法:国がどのように統治されるべきかまとめた文章
corruption贈収賄:権力を個人的な利益のために使うこと。
cote de popularité支持率:世論調査会社による候補者が勝つ可能性。支持率が高ければ、選挙で当選する確率が高い。(英語の approval rating)
débat討論:与えられたテーマに対して、異なる意見をもつ人達の議論
devise標語、スローガン:理想を表現した言葉
décret命令:議会で法案を通させる首相や大統領による命令。
démocratie parlementaire議会民主主義:国民が選んだ人に、行政する力が委ねられている社会
député国民議会議員。任期は5年。
dictature独裁:一人の人間や政府が、国民に相談したり、チェックされるこなしに統治する政治システム。
électeur選挙人、有権者:選挙権のある人。フランスでは、18歳以上で、選挙人名簿に登録している人
fondement原理、基礎:人がよりどころとしている原則
harcèlementハラスメント:ある人を執拗に、またコンスタントにいじめること。いやがらせ。
hiérarchie階級制:その人の資格や、責任による序列。
huissier守衛、受付:省庁や役所で来客を迎える人
isoloir投票用紙記入場所:投票所で、封筒に投票する人の名前の書いてある紙を入れる場所。(カーテンとか、ついたてで仕切られていて、人に見られないようになっている)
libéralisme自由主義:自由主義の社会では、国の役割を制限して、国民の自由に重きを置く。このシステムでは、個人が大事で、国は調停役。
mandat任期:政治家がある地位を努める期間。大統領や国民議会議員の任期は5年。
manifeste宣言:ある活動や個人の行動の計画について公式に書かれたもの。
meeting政治集会:政党が自分のところの候補者と有権者をひきあわせるために企画する集まり
militantミリタン:自分の信念に基づいて積極的に戦う人(所属する政党のためにボランティアで働く人)
mobiliser動員する:あることを実行するために、大勢の人間を動かすこと。
nation国民:地域的なつながりや共通の歴史を持つ人間の集まり。期間はときに長く、ときに短い。一般的に同じ言語をしゃべる。
opinion意見:ある人の政治に対する意見や考え(世論、という意味もある)
outrage侮辱;違反:ひじょうに無礼な言葉や行動;法律に大きく背く行動
parlement国会:法案を審議、通す場所。フランスの国会は、国民議会(下院)と元老院(上院)(辞書を見て気づいたが、動詞parlerから)
parrainage推薦、後援:誰かを推薦する(parrainer)とは、その人をサポートすること。ある候補者のために、署名することによって、選挙委員会は、その候補者の推薦人がいることがわかる。しかし、署名したからといって、選挙運動のあいだずっと後押しする必要はない。
partisan支持者:ある政治家や政党を支持している人
patriotisme愛国心:自分の国や祖国への愛
politologue政治学者:政治を勉強したり分析する人
premier ministre首相:政府のトップに立つ人。首相はほかの議員について責任がある。国家にとって大統領の次に大事な人。
programme計画:その候補者の提案をすべて書いたもの。(政策綱領)
protocole(公式)儀礼、儀典:エリゼ宮における大統領の生活や、公式訪問などについて定めたルール。大統領の旅行や出張や、レシートなどを管理する儀典課の課長もいる。
quinquennat(=5 ans)5年間:憲法に定められている大統領が選ばれる間隔。2000年までは7年ごとだった(septennat)
référendum国民投票:政府の案にたいして、国民が可否をのべる選挙
régalien国王や、大統領のみが有する権力
république共和国:憲法を規範とした政治システム。民衆が、ある一定期間の行政を、その政治家にしてもらうことを選挙で決定する。
scrutin投票:投票箱(urne)に入れる票
secrétaires d’État閣外大臣:ある省庁の大臣ととも働く政治家、専門知識を有する。
sénat元老院:348人の議員からなり、法案を通すかどうか決める(諮問機関)。地方の政府を代表する。
services publics公共サービス:国民が受けられる国によるサービス。たとえば学校がそうで、無料で、教員の給料は国によって支払われる。また、教育は、フランス全土で同一である。病院、消防署、警察も公共サービス。
socialisme社会主義:社会主義のゴールは、公正で平等な社会。社会主義にとって政府は大事で、平等な社会であるために、政府がルールを設定する。そういう意味では、自由主義と対立する。
sondage世論調査:あるテーマや、候補者などについて大衆の意見を知るための調査
suffrage universel direct直接普通選挙:すべての有権者が直接、候補者(大統領、国民議会議員、地方議会議員、県議会議員)に投票する選挙。
symbole象徴、シンボル:形をもたない何か(思想、価値、意識など)を具体的な形であらわすもの。
Unicefユニセフ:子どもの権利を擁護するために、第二次世界大戦後にできた世界的な機構。ある国や政府と関係はなく国連(ONU*)の組織である。すべての子どもが学校へ行くことができ、世話をしてもらい、貧困や、戦争、暴力のない自分の家のような社会に住めるようにするミッションを持っている。そのために、市民、政治家に現状を知らせ、資金集めをし、たとえば学校や保健所を建設する。
valeur?価値:あるものや人のよいところ



 SNCF フランス国有鉄道。 Société nationale des chemins de fer français

ONU Organisation des Nations unis 国際連合



・・・
・・・・・2012年5月6日に書いた記事です・・・・・