対策講座受講メンバーの質問に先生が解答されている音声を聞いた。質問は三つで回答はどれも約10分。

質問内容は

1.記憶力がないのかもしれません・・・
2.単語をやるべきか?長文をやるべきか?
3.仏検2級で仏仏辞典はつかうべきか?

先生の回答の内容は書かないが、感想をごく短く書いておく。雑談です。


先生はかなり具体的に答えておられる。そして、質問に答えているあいだにだんだん熱くなられておられる。言われたことをやれば受かるとは思う。問題は、言われたことを行動にうつすのに、それぞれの受験者にそれぞれの障害があることだろう。たとえば、時間、たとえば、心理的な問題。


もし自分の友だちが、2級を受けようと思っていて、2級を持っていない私にこう聞いたとしたら、私は以下のように答えるだろう。

1.脳は自分の生存に必要のない情報はいらない情報だと思って、奥のほうにしまってしまうと聞いたことがある。だから何度も前に引っ張りだす。単語を短期間に集中して覚えるのはそういう方法がいいんじゃないか。

2.人によるけど、私ならそんなこと考えているあいだに目の前にあるものからどんどんやる。特に一ヶ月前は。


3.これはテクニカルな問題。実は私はここで問題になっている辞書を見たことがないが、きっきちゃんが以前すごく字が小さいとコメントに書いておられた。私が使ってる8歳向けの辞書は字が大きい。最初は絵を見るだけだったが、最近、時々辞書として使うこともある。全体的に大きくて重いから邪魔なときもあるが、踏み台にしたり、押し花を作るときに使うこともある。

・・・・・2012年5月26日日に書いた記事です・・・・・


カテゴリ
タグ