読解編第九回後半の復習をした。

今回の箇所は、構文(比較、最上級、類似のcomme siなど)はそんなに難しくなく、日本語らしい訳にするときのポイントが多く説明された。それらは、すでに説明のあったことで、たとえば、抽象名詞は人を中心とした訳((動詞化)にする、といったようなこと。

<語彙>

isolé 孤立した、孤独な
vivre isolé 一人暮らしをする
se sentir isolé 孤独を感じる

naufragé 遭難者

radeau 筏
radeau de sauvetage 救命ボート

au milieu de ~の最中に、~の真ん中で
Il s'est endormi au milieu de film.
Ne roule pas au milieu de la route.

lever du jour 夜明け、朝 ←→ coucher du soleil 日の入り、夕方

un drôle de N 奇妙なN (冠詞は無関し名詞の性・数に一致)
C'est un drôle de type. あいちは変なやつだ
Je sens une drôle d'odeur. 変な匂いがする

frapper (à/sur/dans/contre ...を)たたく、打つ

foudre 雷(★稲光はèclair, 雷鳴はtonnerre)
La foudre est tombée. 雷が落ちた。

tout à fait 全く
Je suis tout à fait de votre avis. 全く同意見だ。

considérait < considérer まじまじと見つめる
considérer un nouvel arrivant 新参者をじろじろと見る

gravement おごそかに、重々しく

ravissant うっとりするような、見事な、すてきな
musique ravissanteうっとりするような音楽
jeune fille ravissante 魅力的な娘(★男性についてとは言わない ・・・と辞書にあったけど、女の子のようにきれいな少年には使うのだろうか。星の王子さまに使っているところを見ると)

petit bonhomme 坊や

avoir réussi à inf infしえた
As-tu réussi à ton examen? 試験に合格したかい?

faire le portrait de N  Nの肖像画を描く


・・・・・2012年1月16日に書いた記事です・・・・・